XcodeのStoryboardでGesture Recognizerを使う方法

公開日: : 最終更新日:2013/11/15 Xcode

    

こんにちは!アキオ(@akio0911)です。

今日は、XcodeのストーリーボードでGesture Recognizerを使ってジェスチャーを検出する方法を解説したいと思います。

まずはプロジェクトを作成!

まずはプロジェクトを作成しましょう。

“Single View Application” を選択します。

    

“Use Storyboards” と “Use Automatic Reference Counting” にチェックを入れます。

    

通知を受け取れるようにする!

#import <UIKit/UIKit.h>

@interface ViewController : UIViewController <UIGestureRecognizerDelegate>

@end

ViewController.hを開き、UIGestureRecognizerDelegateを追加します。

    

“Tap Gesture Recognizer” をViewにドラッグして追加します。

この時にドラッグした先が、ジェスチャーを検出する対象のViewになるので注意が必要です。

    

“Tap Gesture Recognizer” から “View Controller” まで、controlキーを押しながらドラッグします。

黒いメニューが出てくるので、 “delegate” をクリックします。

これで、ジェスチャーが検出されたタイミングで “View Controller” へ通知されるようになります。

    

アクションを追加する

追加した “Tap Gesture Recognizer” から ViewController.h へドラッグし、アクションを追加します。

ジェスチャーを検知した際に、このアクションが呼ばれることになります。

    

- (IBAction)handleGesture:(id)sender {
    UIAlertView *alert = [[UIAlertView alloc] initWithTitle:nil
                                                    message:@"Tap!"
                                                   delegate:nil
                                          cancelButtonTitle:nil
                                          otherButtonTitles:@"OK", nil];
    [alert show];
}

ジェスチャーが検出された時に行いたい処理を、

先ほど追加したアクションに記述します。

    

実行してみる

アプリを起動して画面をタップすると、先ほど追加した処理が実行されます。

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑