台湾のたびしおり。女子視点の本だけど、見てて楽しい食べ物情報が満載!

公開日: : 最終更新日:2014/01/09 旅行

Photo by hydlide

    

こんにちは。アキオ(@akio0911)です。

今年しまくりたいと思ってます。

先日は、名古屋ブログ合宿からの帰りに電車でブラブラしながら、静岡に寄って静岡おでんを食べたり甲府に寄って豚肉ほうとうを食べたりしました。
(食べてばっかり)

「海ぼうず アスティ店」で「しずおかおでん定食」を食す!(静岡・葵) – 拡張現実ライフ

    

次は台湾に行く予定なのですが、台湾はいままで行ったことがありません。Facebookで「台湾でオススメなお店とかありますか?」などと投稿していたところ、アプリクリエイター道場の受講生の方から「知り合いが書いているこの本がオススメです!」と紹介してもらったのが、こちらの台湾のたびしおりでした。

台湾が好きすぎて、台湾のたびしおりという名前のブログをやっている@ayaco_hancoさんが書かれた本です。

写真とかイラストとか満載でとてもかわいらしい

本書は女性視点で書かれていて、写真・手書き文字・イラスト・レイアウトなどがとてもかわいらしく、まるでモレスキンで作った旅手帳(写真とか貼り付けたりしてるやつ)のよう。

    

台湾にはじめて行く人にとってはちょうどよい情報量

この本を買う前はネットのウェブサイトなどで情報を集めていたのですが、そういったサイトは検索したりするのには便利なんですが、「台湾にはどういう場所があるんだろう?どういうお店があるんだろう?」といったことをザックリと知りたい時にはちょっと不便なんですよね。

また、情報が「多すぎる」ので、たくさんのお店情報を見ているうちに、なんだかすごく分厚い通販のカタログ(たくさん商品情報が載ってるやつ)を読んでいるような気分になってきて、うんざりしてしまうんです。

しかしこの本では台湾の見所が適度に網羅されていて、それでいて情報量が多すぎることもなく、はじめて台湾に行く人にとってはちょうどよい感じなのです。

    

食べ物の写真が満載で、見ていると早く台湾に行きたくなる!

特に食べ物に関する情報が充実していて、ふんだんにもりこまれている料理の写真を見ていると、「はやく台湾に行きたい!」という気分になってしまいます。

現地ではこの本を片手に移動しようかなあと思ってます。

これから台湾に行こうと思っている方にとってもオススメな本です。

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑