台湾など中国語圏の旅行ではiPhoneの中国語手書きキーボードが便利

公開日: : 最終更新日:2014/01/09 旅行

    

先月(2013年3月)、台湾へ旅行に行ってきました。「台湾は中国語だけど、iPhoneの翻訳アプリを使えば楽勝!」と思っていたんですが、なんかすごく難しい漢字があったり、日本では見慣れない使わない漢字があったりして、翻訳アプリに入力するのが大変なことがありました。

    

カテゴリ: 辞書/辞典/その他 価格: 無料

iPhoneには中国語手書きキーボードがある!

しかしiPhoneには「中国語手書きキーボード」という便利な機能が搭載されているんです。

「中国語手書きキーボード」を使うには、設定アプリの「一般」→「キーボード」→「キーボード」から追加します。

中国語には「繁体字」「簡体字」という字体体系があります。中国大陸・シンガポールなどでは簡体字、台湾・香港・マカオでは繁体字を使っているらしいです。なので今回は台湾で使われている「繁体字」のキーボードを使いました。

    

「スペース」とか「GO」が独特

すると、こんなキーボードが出てきます。「空格」というのは「スペース」、「前往」というのは「GO(完了?)」という意味みたいです。

    

実際に使ってみる

これは台湾のセブンイレブンで見つけたポスター。「くさかんむりに女に古」と書く漢字の意味が分かりません。

    

さっそく手書きキーボードで入力してみます。指で漢字を書くだけ。右側に候補が出てきます。

    

無事、「Google翻訳」で意味を調べることができました。「きのこ」という意味みたいですね。なので先ほどのポスターは「んふんふボールペン」みたいな意味なんでしょうね。きっと。

    

あとがき

台湾ではほとんどのお店で日本語が通じるんですが、街中で見かけたポスターなどに書いてある文字の意味が気になることが結構あったので、その意味を調べる時に手書きキーボードがとても重宝しました。

中国語圏の国に旅行の際は、ぜひお試し下さい!

    

カテゴリ: 辞書/辞典/その他 価格: 無料

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑