解析結果のPDFを定期的にメール送信する ブログ運営のためのGoogleアナリティクス講座 第9回

公開日: : 最終更新日:2014/01/04 ブログ運営のためのGoogleアナリティクス講座

    

こんにちは。連載でブログ運営のためのGoogleアナリティクス講座を書いているアキオ(@akio0911)です。

ブログ運営のためのGoogleアナリティクス講座。Googleアナリティクスの基本や活用法などを紹介 – 拡張現実ライフ

    

前回は計測データの表示形式を切り替える方法を紹介しましたが、

計測データの表示形式を切り替える ブログ運営のためのGoogleアナリティクス講座 第8回 – 拡張現実ライフ

    

第9回目となる今回は、アクセス解析結果のPDFを定期的にメールで送信する方法を紹介したいと思います。

    

メール送信では、アドバンスセグメントやセカンダリディメンションも有効

まずは解析する対象をえらびます。今回は「コンテンツ」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」をえらびました。

    

メール送信ではアドバンスセグメントも有効になります。ここでは、「検索トラフィック」「ノーリファラー」「参照トラフィック」をオンにしてみました。

データを特定の条件で絞り込むアドバンスセグメントの使い方 | ブロガーのためのアクセス解析講座 第4回 – 拡張現実ライフ

    

また、メール送信ではセカンダリディメンションも有効になります。ここでは「ユーザーの環境」→「オペレーティングシステム」を選択してみました。

    

添付ファイルのタイプや送信頻度も選択できる

アドバンスセグメントやセカンダリディメンションなどの設定が終わったら、「メール」をクリックします。

    

メールに添付するファイルのタイプを指定することができます。解析結果を見たいだけな場合は「PDF」、解析結果の数値を利用したい場合は「Excel」や「CSV」などを選ぶと良いでしょう。

    

また、メールする頻度も指定できます。即座にメールしたい場合は「1回」を選びましょう。メールされる内容をとりえあず確認したい場合などにも便利です。

    

メール送信されるPDFにはグラフも含まれる

こちらがメールされたPDFの内容です。グラフも含まれており、ブラウザでレポート画面を見るのと同じ結果を得ることができます。

    

アドバンスセグメントやセカンダリディメンションもきちんと反映されています。

    

あとがき

定期的に確認したい項目をPDFとしてメール送信設定しておくと、ブラウザでレポート画面を操作するのと違って都度通信が発生しないので、各種指標をサクッと確認できて便利です。

ぜひ設定を行って活用してみて下さい!

    

ブログ運営のためのGoogleアナリティクス講座の他の記事は、こちらからどうぞ!

ブログ運営のためのGoogleアナリティクス講座。Googleアナリティクスの基本や活用法などを紹介 – 拡張現実ライフ

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑