「STAR1200」Vuzixの両眼ARメガネ、約45万円で受注生産

公開日: : AR(拡張現実)

ITmedia プロフェッショナル モバイルによると、Vuzix CorporationがAR向けHMD「STAR1200」の注文受付を開始したとのこと。完全受注生産で、価格は44万9800円。

STAR 1200 a 620x336


スポンサード リンク

STAR 1200 b 620x302

仕様は以下のとおり。

STAR1200は、右目と左目の双方に映像を送り込む“両眼ARメガネ”だ。3Dまたは2DのCGを、ホログラムのように現実の風景に重ねられるという。サイド・バイ・サイドの3D表示にも対応する。

 PCやiPhoneなどのモバイルデバイスと有線接続して利用する。サングラスのようなデザインを採用し、重量は約85グラムに抑えた。WVGA(852×480ピクセル)の解像度に対応する透過型ディスプレイを左右に2つ備え、約3メートル先に75インチの仮想スクリーンを展開する。

 マーカー型ARなどで対象物を認識するのに役立つ、1080p出力に対応したHDカメラを搭載。頭の傾きや動き、方位などをモニタリングする装置(6-DOFヘッドトラッカー)も付属し、データを外部デバイスへ提供できる。

 PCとはVGAアダプタやUSBで接続し、USBバスパワーで駆動する。HDカメラはWebカメラとしてPCに認識されるため、特別なソフトウェアを使わずARシステムと連携できるという。

引用元:“両眼ARメガネ”「STAR1200」、Vuzixが実用化――約45万円で受注生産 – ITmedia プロフェッショナル モバイル

85グラムという超軽量、1080p出力に対応したHDカメラ搭載、頭の傾き・動き・方位などをモニタリングできるヘッドトラッカー搭載、USBバスパワーによる駆動など、魅力的なスペックです。

注文は以下のページからできるみたいです。

詳細なスペックは以下のとおり。

STAR 1200とは?
S(See)T(Through)A(Augmented)R(Reality)1200の略。
ついに実現したVUZIX社が提供するシースルー型の拡張現実システムです。

CGやデータを空中に浮かび上がるホログラムやARマーカーに固定したホログラムのように、
現実に観ている情景に重ね合わせて表示します。

サングラスのようなデザインとさまざまな機能を凝縮した軽量設計のSTAR 1200は、
次世代の一人称視点型拡張現実を切り開きます。

専用の1080p高解像度カメラ内蔵。、
一般的なWebカメラとしてコンピューターに認識されるので、
専用のソフトウェアは必要ありません。

●主な特徴
・解像度WVGA(852×480)ツイン液晶ディスプレイ
・約3 m先に75インチの仮想スクリーン
・視野角31°
・アスペクト比が16:9のワイドスクリーン・ディスプレイ
・24ビットTrue Color(1,600万色)
・重量約85g
・60 Hzプログレッシブ・スキャンのリフレッシュレート
・24ビットTrue Color(1,600万色)
・サイド バイ サイド3Dをサポート
・重量約85g
・+2~-5ディオプタの調整範囲を持つ左右独立の焦点調整機能
・Accutiltによるディスプレイ角度調整
・コンピューターとの接続時、最大表示解像度 1280×768

●STAR HDカメラ
・1080p HDカメラ
・中央部にカメラを設置
・HD 1080pのビデオ・キャプチャ(最大1,920 x 1,080ピクセル)
・HDビデオ・スケーリング(1,280 x 720ピクセル)
・最大60 Hzのフレーム レート
・高速USB 2.0によるコンピューター接続

●同梱物
・Wrap VGAアダプター
・Wrapパワーパックプラス
(リチウムイオン電池のコントローラーボックス)
・Wrap 6軸センサー
(ヨー、ピッチ、ロール、X軸方向、Y軸方向、Z軸方向の6自由度を備えたトラッカー)

引用元:STAR 1200 | Vuzix Shop

(via “両眼ARメガネ”「STAR1200」、Vuzixが実用化――約45万円で受注生産 – ITmedia プロフェッショナル モバイル

関連記事

no image

山の名前を教えてくれるアプリ「Peak.ar」

KAYAC DESIGNER'S BLOGにて、山の名前を教えてくれるアプリ「Peak.ar」が

記事を読む

no image

「知性の拡張を志向すること」こそが、「現実拡張(AR)」の真髄である

とある方からタイトルのような言葉を教えて頂いた。自分が考えてきたことを最もよく表している言葉かも

記事を読む

no image

ハイネケンによる鏡をつかったインスタレーション(動画あり)

アドロックによると、ハイネケンがSTRボトルのプロポーションの一環として、ミラノ国際家具見本市「Mi

記事を読む

no image

手描きでスケッチしたキャラがそのまま3D化されるARアプリ「Sketch AR」

Ogmento これは子供が喜びそうだなあ。 AR三兄弟の企画書

記事を読む

no image

iPhoneアプリにAR機能を組み込める無料ツール「Layer Player」(動画あり)

最近、またFlipboardというアプリにハマってます。google readerとflic

記事を読む

no image

iPhone向けARアプリ「StreetMuseum」を応用して、アニメ聖地巡礼アプリなんてのはどうか?

StreetMuseum は、目の前の現実の風景の上に、過去の光景をオーバーラップして表示するA

記事を読む

no image

ロックオンしてミサイルを打ち込める拡張現実アプリ「AR Missile」(動画あり)

PSOFTから、ロックオンしてミサイルを打ち込める拡張現実アプリ「AR Missile」

記事を読む

no image

ワンピースのARカードダスで遊んでみた

以前このブログでも取り上げたことがある「ARカードダス」を買ってきました。ワンピース

記事を読む

no image

ARで口ヒゲが出せるiPhoneアプリ(動画あり)

Tweet ども、@akio0911 です。 今回は、ARで口ひげが出せるiPhoneアプ

記事を読む

no image

クウジット、スヌーピーイベントにAR技術を提供

「SNOOPY “LOVE” GINZA」 8F OPUSで実施されるイベントでは、『GnG

記事を読む

20140714-144729.jpg
サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

slooProImg_20140714064146.jpg
ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

slooProImg_20140713230358.jpg
十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

slooProImg_20140712085918.jpg
大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

20140625-114250.jpg
ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑