商品のバーコードからEvernoteのノートを作成できるiPhoneアプリ「Evercoder」

公開日: : 最終更新日:2014/01/06 Evernote

Evercoder
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥85

ありそうでなかった、ちょっと面白いEvernoteアプリを見つけたのでご紹介。

Evercoderの使い方

11 11 17 20 34 28

まずは「Evercoder」をタップして、アプリを起動します。

Evernote関係のアプリって、像のアイコンが多いんですけど、Evercoderはシマウマのアイコン。

    

11 11 17 20 34 33 1

「バーコードを読み取る」をタップします。

    

11 11 17 20 35 14

カメラが起動するので、iPhoneのカメラを商品のバーコードに向けます。

緑の枠が出てきて、自動的にバーコードが読み取られます。この認識精度がかなりよい感じです。

    

11 11 17 20 35 22

商品の情報が出てきました。「Evernoteへ保存」をタップします。

    

11 11 17 20 35 36 2

この画面でメモを入力したり、タグを入力したりすることができます。また、現在位置(ノートに付加される)が地図で表示されます。

このまま「Evernoteへ保存する」をタップします。

    

11 11 17 20 35 59

無事、Evernoteにアップロードが完了しました。

さっそくEvernoteで確認してみましょう。

    

Evernote

Evernoteにはこんな感じのノートが作成されます。タイトルが「アイテムデータの登録」となっており、ちょっと微妙ですが、商品名・値段・写真・バーコード読み取りを行った住所が記録されています。

    

作りがシンプルなアプリなので、様々な用途に使えそう

バーコード読み取りがスムーズで、使っていて気持ちよいアプリだと思います。

さて、このアプリをどんなシチュエーションで使うと便利なのか?

例えば、知り合いが使っているペンが書きやすくて、その詳細情報を知りたい!なんて時に、Evercoderでさっと読み込んでEvernoteに放り込んでおくと便利そうです。

作りがシンプルなアプリなので、様々な用途に使えそうです。

しばらく使ってみて、便利な使い方・面白い使い方が見つかったら、このブログでまた紹介したいと思います。

   

Evernoteに関する他の記事はこちらからどうぞ。

    

withEver
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥85

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑