Gene Mapper そのほとんどがiPhoneで執筆されたSF小説

公開日: : 最終更新日:2013/12/30 Kindle本

    

3月にKindle版で購入してから、しばらく積ん読(Kindle本なので「積めない」けど)になってしまっていたGene Mapper (ジーン・マッパー)。ようやくKindle Paperwhiteで読み始めたところ、先の展開が気になって一気に読み終えてしまいました。SF好き・攻殻機動隊好き・ウェブ業界好きな方にはぜひ読んでもらいたい作品でした。

    

遺伝子工学が進化した2037年が舞台。攻殻機動隊的な雰囲気

Gene Mapper (ジーン・マッパー)は、フルスクラッチで作物を作れるほど遺伝子工学が進化した2037年が舞台のSF小説です。農作物の遺伝子をマークアップして、その外観を設計する「スタイルシート・デザイナー」を生業とする主人公、林田。そんな彼の元へ、以前カンボジアに納品したスーパーライスに異常が発生したという連絡が入るところから物語がスタートします。やがて林田はとある事件へと巻き込まれていきます。

    

インターネットが死に絶え、「トゥルーネット」が普及している世界

作中の世界では、インターネットが既に死に絶えており、「トゥルーネット」と呼ばれる新しいネットワークが普及しています。なので、Google・Facebook・マイクロソフトなどは過去の企業としてその名前が登場します。また、これらの企業の経営者や、Linuxの作者であるリーナス・トーバルズ氏と思われる人物も登場するので要注目です。ウェブ業界に詳しい人が読むと、思わずほくそえんでしまうことでしょう。

    

そのほぼ全てがiPhoneで執筆された「Gene Mapper」

作者の藤井太洋さんは、Gene Mapperのほぼすべてを、iPhoneを使って通勤時間で書き上げたそうです。以前「ケータイ小説」が話題になりましたが、Gene Mapperは「iPhone小説」といったところでしょうか?iPhoneを使って書かれた小説だからなのか、iPhoneの画面サイズでも非常に読みやすい小説でした。ちなみに執筆には「iText Pad」「Notebooks」などのアプリを用いたとのことです。

    

カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥250

    

カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥500

    

アキオはこう思った。


    

作者の藤井太洋さんは会社勤めなので、40分の通勤の往復時間を使って執筆したとのこと。また昼休みにはiPadでも書いていたらしいです。iPhone・iPadで執筆された本がKindleやiBooksなどで電子書籍として販売されるというケースがこれから徐々に増えてくるのかもしれませんね。

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑