ビックリ!Kindle Fire HDX 8.9は薄くて軽くて画面がキレイ、いい意味で裏切られた

公開日: : 最終更新日:2013/11/30 Kindle Fire HD

    

こんにちは。アキオ(@akio0911)です。

先日、「Kindle Fire HDX」の体験会にAmazonさんからご招待頂いたので行ってきたんですが、事前の予想をいい意味で裏切られてしまいました。iPad Airよりも解像度が高くて軽く、薄くて画面がキレイな良い感じのタブレット端末であることが分かりました!

    

表参道の「Kindleエンタメステーション」で体験してきました

Kindle Fire HDX」の体験会が行われたのはこちら、表参道の「ベーカリーカフェ426」。住所は「東京都渋谷区神宮前4-26-18」です。11月28日から12月1日まで、体験型スペース「Kindle エンタメステーション」としてオープンするそうです。

    

Kindle Fire HDX 8.9は、iPad Airよりも軽い!

まずビックリしたのが、めっちゃ軽いこと。画面サイズは8.9インチなのに、見た目に反してすごく軽いんです。

以下に「iPad Air」「Kindle Fire HDX 8.9」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の重さと解像度をまとめてみました。

重さ(グラム) 解像度
iPad Air 469 2048×1536
Kindle Fire HDX 8.9 374 2560×1600
iPad mini Retinaディスプレイモデル 308 2048×1536

なんと、iPad AirやiPad miniよりも解像度は高いのに、重さはiPad Airよりも100グラム近く軽いんですねー!

    

Kindle Fire HDX 8.9は、iPad AirやiPad miniよりも解像度が高い!

次に驚いたのが、画面のキレイさ。本当は電子書籍の中身を撮影したかったのですが、撮影NGとのことで、表紙画像のみで。

    

ちょっと拡大してみました。写真では伝わりづらいかもしれませんが、ほんとキレイです。iPad Airの2048×1536よりも解像度が高い、2560×1600の液晶を使ってますからねー!

    

Kindle Fire HDX 8.9は薄い!iPhone 5Sと同じくらい薄い!

すっごい薄いです!デカイのに軽くて薄いので、持ったときにビックリします。

    

ケースを外した状態のiPhone 5Sと比較してみました。ほとんど同じ厚さ。ほんと薄いなー、って感じです。

    

「ORIGAMI」という専用ケースがユニーク!

あとはこの「ORIGAMI」という専用ケースが面白かったです。普段はこんな感じで普通のケースとして使えます。磁石を使っているので、取り付けもすごい楽チン。

    

組み立てると、なんとスタンドに!この発想はなかったなあ。

    

そのまま縦置きもできちゃいます。

    

更には、ケースから本体を上にずらすと、自動的にカメラアプリが起動して、写真を撮影できる状態になります。これはお手軽でいいですね—-!

    

iPad Airと比較して、16GBモデルで約1万、64GBモデルで約2万安い!

さて、気になるお値段ですが、iPad Airと比較すると、16GBモデルで1万円近く、64GBモデルで2万円近く安いです。Apple信者な僕としては「もう一押し!」という感じましたが、それにしても安いです。

    

@akio0911はこう思った。

Kindle本をたくさん買ってる人にはオススメできる端末かもしれません。とにかく軽いので、漫画とか読んでる時に手が疲れにくいんですよねー。最近技術書とか漫画とかのKindle本が増えてきたので、16GBモデルを買ってみようかなあとか思ってます。ぜひチェックしてみて下さい!

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑