超美麗! 「Air Display」を使って、Macの画面をRetina解像度とHiDPIで新しいiPadに表示する方法

公開日: : 最終更新日:2014/01/09 Macアプリ

    

Air Display
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥850

    

「Air Display」が新しいiPadのRetinaディスプレイに対応し、HiDPIモードが選択できるようになっていたので、試してみました。

関連 : iPadアプリ「Air Display」で、iPadをMacBookのサブディスプレイとして使う

「Air Display」でRetina解像度を使う

まずは、Retina解像度をそのまま使ってみます。

    

Macのシステム環境設定から「Air Display」を開き、「利用可能時にRetina解像度を使用します」にチェックを入れると、新しいiPadでRetina解像度を使用できるようになります。

    

Macのメニューバーのディスプレイアイコンをクリックすると、Retina解像度が追加されています。

    

MacBookAir 13inchでXcodeを起動するとこんな感じ。結構狭いです。

    

そしてこれがXcodeを新しいiPad側の画面で起動した状態。すごく広い!

     

SafariのウィンドウをMacBookAir 13inchと同じ大きさにして新しいiPad側の画面にそのまま持って行くと、こんな感じ。広さが全然違います。

    

ちなみに新しいiPadを縦置きにして使うことも出来ます。するとこんな感じ。Yahooのトップページが1画面におさまってしまいます。

    

「Air Display」でHiDPI解像度を使う

Macのシステム環境設定内にある「Air Display」を開き、「HiDPI解像度を有効にします。」にチェックを入れます。

    

これで、iPad側の解像度の選択肢に「HiDPI」が追加されます。

    

こちらがHiDPI解像度で表示したファインダー。ボタンが非常に綺麗です。

    

ファイル名なども非常に美しい。

    

Xcodeも異様なほど綺麗になります。

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑