ちょー楽ちん! Instagram・Facebook・Twitterなどにアップした写真をPC・Macに自動バックアップできる「SocialFolders」

公開日: : 最終更新日:2014/04/10 インスタグラム

    

FacebookがInstagramを買収したことにともない、「Instagramの今後が不安だから、写真データをバックアップしておきたい!」という方が増えているようです。

そこで今回は、僕がInstagramの写真データバックアップに使っている「SocialFolders」を紹介したいと思います。

SocialFoldersのソフトをダウンロードしてインストールする

Social Folders

まずは、SocialFoldersのソフトをダウンロードしてインストールしましょう。

インストールが終わったら、連携したいサービス(InstagramやFacebookなど)の設定を行います。

    

SocialFoldersをインストールすると、何が起こるのか?

書類フォルダに、「SocialFolders」というフォルダが作られます。

    

「SocialFolders」フォルダをひらくと、こんな感じで、連携しているサービス毎にフォルダが作られます。

    

「Instagram」のフォルダをひらくと、Instagramの写真データが自動でバックアップされて、このフォルダに保存されています。

    

Facebookの写真は、こんな感じでアルバム毎にフォルダ分けされて自動でバックアップされます。

    

対応サービスは?

対応サービスは、Facebook、Flickr、Google Docs、Instagram、Twitter、YouTube、

    

さらには、Box、Evernote、Photobucket、Picasa、SmugMugなど。

これだけ対応していれば便利に使えますね。

    

一度設定したら、あとは何もしなくても自動ダウンロードされる

「SocialFolders」の一番の売りは、「一度設定すれば何もしなくてもよい」という点。

一度設定すれば、あとはいつも通り、Instagramに写真をアップしたり、Facebookに写真をアップするだけで、自動バックアップされます。

ぜひこの便利さを体験してみて下さい。

    

Social Folders

    

Instagramの関連記事

Instagramの投稿写真をARで表示するiPhoneアプリ「InstARgram」 – 拡張現実ライフ

TwitterやFacebookと連携できるカメラアプリ「Instagram」を使おう – 拡張現実ライフ

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑