[書評]iOSオープンソースライブラリ徹底活用

公開日: : 最終更新日:2014/01/05 iOSアプリ開発書籍

    

こんにちは!iOSアプリ開発に関する本はこまめにチェックしているアキオ(@akio0911)です。

レベル・目的別!iPhoneアプリ開発おすすめ本16冊(2013年2月版) – 拡張現実ライフ

    

今回は、iOSオープンソースライブラリ徹底活用という本を紹介したいと思います。

    

iOSアプリをある程度作れるようになった開発者。

iOSアプリ向けのオープンソースライブラリにどのようなものがあるか知りたい開発者。

    

概要

iOS向けのオープンソースライブラリが網羅された解説書です。

自ら実装すると数ヶ月かかってしまうようなコードが、オープンソースライブラリとして無償で提供されています。

しかし、それぞれのライブラリについて個別に紹介しているブログ記事などはネットでちらほら見かけますが、日本語でまとめて解説しているような情報源はなかなかありません。

本書では、画面遷移系・ネットワーク系・マップ系などのライブラリが、ジャンル別にわかりやすく解説されています。

また、サンプルプログラムもダウンロード可能となっています。

    

どのようなライブラリが掲載されているか?

掲載されているライブラリの一部を以下に抜粋してみます。

  • Filtrr : Instagramのような画像処理効果を出すライブラリ
  • MPFoldTransition : 折り畳み効果や本をめくるような効果をつける画面遷移ライブラリ
  • Objective-Record : Core Data管理用のRailsのシンタックスをサポートしたモデルライブラリ
  • CocoaLumberjack : 速く、シンプルで、柔軟性の高いログフレームワーク
  • AwesomeMenu : Path2.0のようなメニューを作成するライブラリ
  • BlockAlertsAnd-ActionSheets : blocksに対応したTweetBotスタイルのActionSheetと
    AlertViewライブラリ
  • JASidePanels : FacebookやPathのような両サイドメニューUIを実現するライブラリ
  • PSCollectionView : Pinterest風UIを作成するためのライブラリ
  • UIBubbleTableView : iOSのメッセージアプリケーションのようなUIを提供するライブラリ
  • TimeScroller : Pathのような浮遊タイマーUIを作成するためのライブラリ
  • NSBKeyframeAnimation : CoreAnimationを利用してjQueryのようなアニメーションエフェクトを
    実現するライブラリ
  • ShareKit : Webサービスへ情報をシェアするためのライブラリ
  • Appirater : Webサービスへ情報をシェアするためのライブラリ
  • EBPurchase : アプリ内課金を楽に実装するためのライブラリ

気になるライブラリが多ければ、本書は買いではないかと思います。

    

まとめ

ザッと目を通しておいて「どのようなライブラリがあるか?」だけを把握しておいて、実際に使う際にはサンプルプログラムを参照してみる、という使い方をすると良いと思います。

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑