iPad(mini)にも紙にも書ける!Bamboo Stylus duoはボールペン付属!

公開日: : 最終更新日:2014/01/04 スタイラスペン

iPad(mini)にも紙にも書ける!Bamboo Stylus duoはボールペン付属

    

こんにちは。iPad miniのスタイラスペンはBamboo Stylusを愛用していたアキオ(@akio0911)です。

iPad(mini)で絵を描くならBamboo StylusとAdobe Ideasがオススメ!iPad(mini)で絵を描くならBamboo StylusとAdobe Ideasがオススメ! – 拡張現実ライフ

    

愛用していた「Bamboo Stylus」ですが、「これで絵を描きたい」という家族にあげることになりました。そこで自分用に新しくiPad用のスタイラスペンを買うことにしたのですが、また同じ製品を買ってもつまらないので、「Bamboo Stylus」と同じシリーズの「Bamboo Stylus duo」を買ってみました。

    

というわけで、早速レビューを書いてみたいと思います。

これが「Bamboo Stylus duo」だ!

「Bamboo Stylus duo」の箱

こちらが、「Bamboo Stylus duo」の箱です。

    

箱を開けずに、中身を確認

箱を開けずに、中身を確認できるような構造になっています。

お店で中身を確認したい時にいいですね。

    

「Bamboo Stylus duo」が収められています

箱を開けてみると、こんな感じで「Bamboo Stylus duo」が収められています。

    

「クイックスタートガイド」と、「Bamboo Paper」という手書きメモアプリの案内

箱の中には「Bamboo Stylus duo」の他に、「クイックスタートガイド」と、「Bamboo Paper」という手書きメモアプリの案内が入っています。

Bamboo Paper – ノート
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

    

ボールペン芯とペン先ゴムは交換できる

ボールペン芯とペン先ゴムは交換することができる

クイックスタートガイドを見てみると、ボールペン芯とペン先ゴムは交換することができるようです。

    

箱から「Bamboo Stylus duo」を取り出してみました

箱から「Bamboo Stylus duo」を取り出してみました。

    

iPad用のペン先は、柔らかくて書き味が良い!

iPadに書くためのペン先

iPadに書くためのペン先はこんな感じ。

    

ペン先が柔らかいので、書いていて心地よい

Bamboo Paperを使って書いてみました。ペン先が柔らかいので、書いていて心地よいです。

    

紙用のボールペンは、市販の芯で交換可能!

ボールペン側

ボールペン側はこんな感じ。

    

CamiAppのツインリングメモに書き込んでみました

CamiAppのツインリングメモに書き込んでみました。iPhoneアプリの画面などを考える際には紙に書くことが多いので、ボールペンが付いているのは便利ですねー。

    

「Bamboo Stylus duo」のボールペン側をばらしてみました。

ボールペン芯としては、以下の市販の製品が使えるとのことです。

  • 三菱鉛筆:SE-7
  • CROSS:8518
  • パイロット:BRF-8F
  • トンボ鉛筆:BR-VS
  • LAMY:M21

引用元 : Wacom|よくあるご質問と回答:FAQ|ご購入前によくあるご質問|タブレット編

    

あとがき

「Bamboo Stylus duo」は、「iPadで手書きのメモを取りたいけど、紙に書く機会もまだ多いんだよな」という方にオススメの1台2役なアイテムです。

ぜひお試し下さい!

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑