【Kindleなら19%オフ】Xcode 4ではじめるObjective-Cプログラミング 改訂第2版

公開日: : 最終更新日:2014/01/09 Objective-C

Kindleストアを眺めていたら、「Xcode4ではじめるObjective-Cプログラミング」の改訂版である「Xcode 4ではじめるObjective-Cプログラミング 改訂第2版」のKindle版が出ていました。

本書の対象者

「Objective-C以外の言語によるプログラミングの経験が多少でもある方」「Objective-Cの基本をしっかり押さえながら、アプリ開発について学びたい方」にオススメの本だと思います。

本書の内容

iPhoneアプリ開発のためのツールである「Xcode」の基本的な使い方から初めて、Objective-Cの基本(変数・データ型・関数など)、オブジェクトの基本的な使い方(メソッドの呼び出し方、インスタンスの生成方法、独自のクラスの定義方法など)、制御構文(if文・forループ・do〜whileループ)、配列・ポインタ・構造体、基本クラス(NSString・NSDate・NSArray・NSDictionary)、オリジナルのクラスの活用方法(プロパティ・イニシャライザ・継承・カテゴリによる拡張など)、そして最後は実際にiPhoneアプリ開発(カレンダーアプリ)といった流れで構成されています。

基礎の基礎から解説されており、構文の使い方なども分かりやすく説明されています。また、オールカラーで図が非常に見やすいです。

Kindle本なのに読みやすい

Kindleの技術書には、紙の本のレイアウトをそのまま使っているものがあったりするんですが、本書はKindle向けにリフロー型(文字の大きさを変更すると、ページ繰りが変わる)となっているので、好きな文字の大きさで読むことができます。今後は技術書でもリフロー型のものが増えてくれると嬉しいですねー。

Kindle版は紙の本に比べて19%も安い

2013/07/04現在、紙の本は2,940円。Kindle版は2,381円。19%も安いです。本屋さんに行かなくても買えるので、読みたい時にすぐ読めて、しかも安い。いいことづくめですね。

アキオはこう思った。


勉強って勢いが大事だと思うので、やる気になった瞬間に購入できる電子書籍は、学習にとても向いていると思います。重さがないので何冊でも持ち歩けますし、タッチ操作でマーカーも引けますし、いいことづくめです。

出版社さんには、技術書をもっと電子書籍として発売して欲しいと思う次第であります。

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑