二次元がこちらに来ちゃったのが『ラブプラス』

公開日: : 最終更新日:2014/01/28 ネタ

ラブプラス ねんどろいど 姉ヶ崎寧々 (ノンスケールABS&PVC塗装済み完成品)

『AR Commons Summer Bash 2010』における、『ラブプラス』の産みの親、コナミの内田明理プロデューサーの言葉。

「一人は淋しいけれど、二人はしんどいという人は多いのではないでしょうか。そして『ラブプラス』は1.5人だと思います」

『ラブプラス』もAR? 有名ブロガーに聞く拡張現実の現在と未来 – 日刊サイゾー

『東のエデン』の神山健治監督の言葉もすごい。

「アニメによって主人公に対する共感の感情が生まれたのですけれど、そこでは拡張現実にはなりきれなかった。自分たちが二次元に行けないことに気がついて、二次元に来て欲しい、とみんなが思うようになった。二次元がこちらに来ちゃったのが『ラブプラス』だったと感じます」

『ラブプラス』もAR? 有名ブロガーに聞く拡張現実の現在と未来 – 日刊サイゾー

ラブプラスはこのままいくと、ロボット、ソーシャルラプブラス、あるいはクラウド彼女になってしまうのではなかろうか?そうなると、一人っ子政策の国では大いに売れる可能性がある。

ラブプラス+ 公式ガイド (ファミ通の攻略本) ラブプラス+ ラブプラス Sound Portrait 姉ヶ崎寧々

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑