「Templar」ビジョンベース技術とARマーカー技術を活用したARゲーム(動画あり)

公開日: : AR(拡張現実)

ビジョンベース技術とARマーカー技術を活用したARゲーム「Templar」を紹介します。

ステージの情報表示にはゲーム板に対してビジョンベース技術を使用し、その上でARマーカーカードを手で移動させていくことによって、ゲームを進めていくことができるAndroid向けARゲームアプリです。

スマートフォンのカメラを通して、ゲーム板の上にゲーム世界が表示されます。

ARカードを手で動かすことによって、ゲームを進行させていきます。

こういうARゲーム、なかなか面白そうなんですが、片手でスマートフォンを持ち続けなければならないので、腕が疲れるという問題があると感じます。メガネ型ディスプレイで遊べるようになるのはいつの日か・・・。

他のAR(拡張現実)関連記事はこちらをどうぞ。

Templar is a physics-based augmented reality puzzle game, where the player moves artillery pieces (catapults and cannons) around outside a castle by moving physical cards with markers on them. They must control the direction, power and angle of each shot to destroy the knight defending the castle.

The game was created by Luis Cruz (Georgia Tech) in the Qualcomm Augmented Reality Game Studio at Georgia Tech (http://www.argamestudio.org). This Qualcomm-funded research studio is a collaborative effort between the Augmented Environments Lab at Georgia Tech, and the Interactive Design and Game Development program at Savannah College of Art and Design. The Studio is led by Blair MacIntyre (GT) and Tony Tseng (SCAD).

This game was built for Android phones, using Unity3D and the Qualcomm AR SDK plugin (http://ar.qualcomm.com/).

引用元:Templar, an Augmented Reality Video Game – YouTube

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

lolipop アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑