マウス片手に3Dゲーム開発!書評「Unityによる3Dゲーム開発入門 ―iPhone/Android/Webで実践ゲームプログラミング」

公開日: : 最終更新日:2014/01/06 iOSアプリ開発書籍

オライリー・ジャパン 宮川さまより献本献本。

iYamatoポケットベガスLightBike2の株式会社ゼペット宮川さん。そしてLightBike2の武藤さんによる共著。

2011年9月6日現在、amazon.co.jpの出版社別(オライリージャパン)で1位。プログラミング(その他)カテゴリで1位。Web開発カテゴリで1位。Unityに対する注目の高さが伺える。

ちなみにLightBike2はUnityを使って作られているとのこと。

LightBike2
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料

Unityって何?

Unityは、本格的な3Dアプリケーションの開発を用意にしてくれるオーサリングツール。

Unityを使うと、Flashコンテンツを制作するかのように、マウスで3Dオブジェクトを設置したり、スクリプトで動きを定義したりして、3Dアプリケーションを作成できてしまう。

たかがオーサリングツールと思う事なかれ。こんなグラフィックのゲームまで制作できてしまう。

スクリプトにはJavaScriptやC#が使用できる。

そして、Unityで作成したコンテンツは、Windows・Mac・iPhone・iPad・Androidなどで実行できてしまう。

対象読者

・3Dゲームを作成してみたい方
・iPhone・iPad・Android向けの3Dアプリを開発してみたい方

まとめ

本書では、サンプルゲームを制作しつつ、オブジェクトの配置・物理シミュレーションの使い方・サウンドの扱い方・スクリプトの記述方法・ゲームとしての仕上げ方・アニメーションの作り方・ライティングの設定方法・パーティクルの使い方・各種プラットフォームへの出力方法を通して学ぶことができる。この一冊を読めば、Unityで3Dゲームを制作することができるようになると思う。

画面写真も豊富なので非常に分かりやすい。

少し時間を作って、ゲーム作りに挑戦してみてはいかがだろうか?

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑