iPhone 5のケーブル変換アダプタ「Lightning – 30ピンアダプタ」を使ってみた

公開日: : 最終更新日:2014/01/05 iPhoneグッズ

IMG 7493

    

こんにちは!iPhone 5を購入してすぐにLightningケーブルが故障してしまったアキオ(@akio0911)です。

    

「USB装置がコンピュータからの電力を消費し過ぎたため、1つ以上のUSB装置が停止しました。」と表示された時の対処法 – 拡張現実ライフ

    

iPhone 5iPad mini・第4世代iPadで、コネクタの形状がLightningへ変更されたわけですが、「以前のコネクタ用のケーブルや周辺機器を使いたい!」と思っている方は多いはず。

そこで役に立つのが、こちらの「Apple Lightning – 30ピンアダプタ」です。

    

    

さっそく入手して、実際に使ってみたので、紹介したいと思います!

「Lightning – 30ピンアダプタ」の見た目はこんな感じ

IMG 7490

こちらが「Apple Lightning – 30ピンアダプタ」です。

    

IMG 7491

30ピン側はこんな感じ。

    

IMG 7492

そしてLightning側はこんな感じ。

    

IMG 0858

iPhone 5に差してみると、こんな感じです。

    

巻き取り式の30ピン – USBケーブルに差してみた

IMG 7493

巻き取り式の30ピン – USBケーブルを接続してみましょう。

    

    

IMG 7494

あとはこれをiPhone 5iPad miniなどに差せばOKです。

    

巻き取り式のケーブルを組み合わせれば、ケーブルを短くできる

IMG 0863

Lightningケーブルは結構長いのが使いづらいのですが、「Lightning – 30ピンアダプタ」と巻き取り式のケーブルを組み合わせれば、ケーブルを短くすることができます。

これは嬉しいですねー。

    

モバイルバッテリーで充電してみた

さて、次はケーブル変換アダプタが問題なく使えるかどうかを検証していきましょう!

    

IMG 0859

まずはパナソニックのモバイルバッテリーに接続してみました。

    

    

問題なく充電できました!

    

iTunesで同期してみる

IMG 0861

次はiTunesで音楽などを同期してみましょう。

iPhone 5MacBook Pro 13inch Retinaモデルに接続します。

    

IMG 7496

Wi-Fi経由での同期にならないように、iPhone 5側のWi-Fiをオフにします。

    

問題なく同期できました!

    

Xcodeからアプリを転送してみる

Xcode
カテゴリ: 開発ツール
価格: 無料

    

Xcode4からアプリを転送してみましょう。

    

Xcode4を起動すると、iPhone 5が認識されました。

    

IMG 0864

Runボタンをクリックすると、アプリをiPhone 5に転送して、無事実行することができました。

    

まとめ

Lightningケーブルはまだ持っている人が少ないので、出先でLightningケーブルが断線してしまったり、紛失してしまったりしたときに、充電難民になってしまう可能性が高いです。

しかし今回紹介した「Apple Lightning – 30ピンアダプタ」があれば、古いコネクタ用のケーブルも使えるので、周りの人にケーブルを借りられる確率も高まります。

iPhone 5・iPad mini・第4世代iPadをお持ちの方は、ぜひ導入してみて下さい!

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑