【書評】重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る

公開日: : 最終更新日:2013/12/30 Kindle本

こんにちは。Kindle Paperwhiteで読書を楽しんでいるアキオ(@akio0911)です。

Kindle Paperwhiteで読書がはかどるようになった – 拡張現実ライフ

    

今日は、先日読み終わった重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)を紹介したいと思います。

じつはまだその働きが解明されていない「重力」に挑む物理学者たちの物語

じつに身近な力である「重力」。重力は、宇宙を支配する力でもあります。

しかし、実はまだその働きが解明されていなかったりするのです。

現代では科学で世界のすべてが解明されているように思えてしまいますが、じつは身近な重力でさえ、その仕組みや働きはまだよく分かっていないのです。

    

いま重力研究は、ニュートン、アインシュタインに続き、第三の黄金期を迎えているそうです。

本書では、そんな重力について、時間と空間が伸び縮みするというアインシュタインの相対論の世界から、ホーキングを経て、宇宙は10次元だと考える超弦理論までを追って説明してくれます。

物理や数学がよく分からない人でも理解できるように、優しく丁寧に解説されています。

    

学校の授業では既に完成された公式だけを覚えさせられますが、この本を読むと、その公式にたどり着くまでの過程が実にドラマティックで面白いものだと気づくはずです。

数々の物理学者達が宇宙を支配する法則の「芯」に向かって挑んでいく姿は、まるで推理小説のように読者を引き込んでくれます。

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑