レベル・目的別!iPhoneアプリ開発おすすめ本16冊(2013年2月版)

公開日: : 最終更新日:2015/11/03 iOSアプリ開発おすすめ書籍

レベル・目的別!iPhoneアプリ開発おすすめ本16冊(2013年2月版)

    

こんにちは!アキオ(@akio0911)です。

以前にレベル・目的別!iPhoneアプリ開発おすすめ書籍15冊(2012年8月版)という記事を書きましたが、それ以降、役に立つ本・勉強になる本が何冊か出ましたので、iPhoneアプリ開発おすすめ本リストを更新してお届けしたいと思います!

    

追記

↓ 2015年11月版を公開しました! ⇒ iPhoneアプリ開発にオススメの本7選(初心者向け含む)2015年11月版

iPhoneアプリ開発にオススメの本7選(初心者向け含む)2015年11月版

1. iPhoneアプリ開発が初めてな初心者の方に。画面部品のリファレンスとしても

iPhoneアプリ開発初心者にオススメです。フルカラーでスクリーンショットも豊富。画面部品の使い方も詳しく書かれており、読み終わった後はリファレンスとしても使えます。

    

【書評】iOS6&Xcode4.6対応版!よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書 – 拡張現実ライフ

    

2. 入門書に挫折してしまった人のための超入門書!

まえだひさこさんとの共著で執筆しました。入門書に挫折してしまった方向けの【超】入門書です。Xcode4の使い方もフルカラーのスクリーンショットで丁寧に解説しています。

    

iPhoneアプリ開発入門本「はじめてのXcode4プログラミング」を書きました – 拡張現実ライフ

    

3. 初心者がObjective-Cの文法を学ぶのに最適

プログラミング初心者やiPhoneアプリ開発入門者がObjective-Cの文法を学ぶのに最適な本だと思います。Xcodeの使い方や画面部品の配置方法などに大部分のページを割いている他の入門書と異なり、Objective-Cの文法解説にかなりのページを割いています。

    

4. 中級者・上級者がObjective-Cの文法を学ぶのに最適(Kindle版もあり!)

既に他のプログラミング言語の経験がある中級者・上級者や、iPhoneアプリ開発の中級者・上級者が、Objective-Cの文法をしっかりと学ぶのに最適な本。分厚くて記述も難しめですが、これを読めばObjective-Cの文法に関してはしっかりと把握できるでしょう。また、初心者でもとりあえず買っておいて、少しずつ分かるところからつまみ食いで読んでいくと良いと思います。アプリ開発者なら机に常備しておきたいです。

    

入門を終えたiOSプログラマにとっては必読 – 書評「詳解 Objective-C 2.0 改訂版」 – 拡張現実ライフ

    

5. コードだけで画面を構築したい方・画面部品についての理解を深めたい方向け

「ストーリーボードなんて使いたくない!すべてをコードだけで記述したい!」という方にオススメな本です。2010年1月の本なので結構古いですが、画面部品の基本は変わっていないので、いまだに使える本です。他の本はストーリーボードなどを使って画面を作成していますが、この本はコードだけで画面を作成しています。この本を読めば、コードだけで画面を構築できるようになるでしょう。また、「ストーリーボードを使っているんだけど、画面が裏でどのように構築・管理されているのか知りたい」という方にもオススメです。

    

[書評]iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス – 拡張現実ライフ

    

6. UIの考え方について学べる。プランナー・デザイナーにも読んで欲しい

この本、Xcodeやコードはまったく出てきません。AppStoreでリリースされている様々なアプリのスクリーンショットや、有名アプリの開発者のインタビューなどを交えつつ、「iPhoneアプリのUIはどのように考えて構築・設計していくべきか?」を学べる貴重な一冊です。エンジニア・開発者だけでなく、プランナーやデザイナーにもオススメです。

    

書評「iPhoneアプリ設計の極意――思わずタップしたくなるアプリのデザイン」 – 拡張現実ライフ

    

7. 文字列・配列・辞書などの基本的なクラスのメソッドを調べたいならコレ

文字列・配列・辞書などをはじめとする、基本的なクラスの使い方が逆引きスタイルで素早く調べられる本です。既に用意されている機能をわざわざ時間をかけて自作する羽目になるのはもったいないので、まずはざっと目を通して、あとは机に常備しておくべき一冊だと思います。

    

iOS5・Xcode4.3・ARCに対応!「改訂2版 Objective-C逆引きハンドブック」 – 拡張現実ライフ

    

8. 役立つTIPSが満載!画面部品に関するTIPSも載ってる

改訂2版 Objective-C逆引きハンドブックと同じく逆引きスタイルの本ですが、こちらは画面部品に関するTIPSなども載っています。必要に応じてどちらか片方買えばよいと思います。

    

開発に役立つTIPSが満載! 「iPhone/iPadアプリ開発逆引き大全500の極意」 – 拡張現実ライフ

    

9. GCD・Blocks・ARC・メモリ管理についてしっかりと学びたい方に

GCD・Blocks・ARC・メモリ管理などについて、しっかりと理解しておきたい方は、この本を読んでおきましょう。これらの実装をコードを読み解きながら解説している、かなりディープな一冊です。

    

10. 入門書を読み終わった方・アプリの設計について学びたい方に

「アプリ全体をどのように構成・設計して作っていけばよいか?」が載っている、貴重な一冊です。入門書を読んだ後にアプリを作り始めると「どうやってアプリ全体を構成していけばよいのだろう?」という疑問を持つことが多いと思いますが、本書はその疑問にバッチリ答えてくれます。RSSリーダーアプリをサンプルとして取り上げつつ、アプリ全体の設定方法について解説しています。

    

入門が終わった後に読むべき本! 書評「iOS開発におけるパターンによるオートマティズム」 – 拡張現実ライフ

    

11. ゲームアプリを作ったことが無い方・cocos2dの初心者向け

@hkato193さんとの共著で執筆しました。

「iPhoneのゲームアプリはどうやって作ればよいのだろう?」「cocos2dというのが気になるけど、どのようなものなのだろう?」という疑問を持っている方向けの本です。cocos2dの基礎について解説した後は、実際に動作する神経衰弱ゲーム・ノベルゲーム・シューティングゲームを作りつつ、cocos2dの使い方だけでなく、ゲームアプリの作り方についても学んでいくという構成になっています。

    

iOSゲームアプリ開発の入門書!「cocos2d for iPhoneレッスンノート」を執筆しました!&予約開始! – 拡張現実ライフ

    

12. cocos2dについてしっかりと学びたい方に

「ゲームは作ったことがあって、cocos2dが気になっている」「プログラム経験はそこそこあるけど、ゲームアプリを作ってみたい」「cocos2dについてしっかりと学びたい」という方にオススメな本です。「どうすれば実機でのパフォーマンスを改善できるか?」といったTIPSなども書かれており、とても勉強になります。

    

「Zombie Farm」の開発にも使われているcocos2d! – 書評「cocos2dで作る iPhone&iPadゲームプログラミング」 – 拡張現実ライフ

    

13. Xcode4の機能をしっかりと学びたい方向け

Xcode4のすべてのメニュー項目について、解説と使い方が載っています。「Xcode4の使い方をしっかりと学びたい」という方だけでなく、「Xcode4のメニューが英語でよくわからない・・・」という方にもオススメです。

    

Xcode4の使い方が分かる本! 書評「Xcode 4 完全攻略」 – 拡張現実ライフ

    

14. デバッガの使い方・最適化の技法を学びたい方にオススメ

実際にコードを書きつつ、デバッガの使い方や、iOSアプリ開発における最適化の技法について学べる一冊です。Instrumentsの使い方を解説している本はなかなかないので、貴重な一冊です。

    

デバッグ・最適化の方法を学ぼう!書評「iOSデバッグ&最適化技法―for iPad/iPhone 第2版」 – 拡張現実ライフ

    

15. アプリ内課金の仕組み・実装方法について学びたい方に

消費型・非消費型・自動更新・非消費型のホスティングなど、アプリ内課金の仕組みと実装方法について学びたい方にオススメの本です。サンプルコードをまじえつつ、アプリ内課金の実装方法について理解を深めることができます。

    

アプリ内課金の開発方法を学ぼう!【書評】iPhone&Androidアプリ内課金プログラミング完全ガイド – 拡張現実ライフ

    

16. iPhoneアプリで使えるオープンソースライブラリのカタログとして

iPhoneアプリ開発で活用できるオープンソースライブラリについて解説している本です。画面系や通信系など、様々な種類のライブラリに関する紹介と使用方法が載っています。ライブラリカタログとして、デスクに常備しておくと便利だと思います。

    

[書評]iOSオープンソースライブラリ徹底活用 – 拡張現実ライフ

    

@akio0911はこう思った。

入門書だけでなく、様々な分野・カテゴリについて詳しく書かれている本が増えてきました。自分のレベル・目的に合わせて、役に立つ本をうまく選んで、しっかりと活用していきたいですね。

追記

↓ 2015年11月版を公開しました! ⇒ iPhoneアプリ開発にオススメの本7選(初心者向け含む)2015年11月版

iPhoneアプリ開発にオススメの本7選(初心者向け含む)2015年11月版

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑