UP by Jawboneでポモドーロテクニックしたら作業に集中できた

公開日: : 最終更新日:2014/01/04 ライフログ

    

高速バスで仮眠を取るのに使ってみたり、なかなか便利に活用できている健康管理リストバンド「UP by Jawbone」

    

JAWBONE UP を使って高速バスで仮眠を取ってみた – 拡張現実ライフ

    

UP by Jawboneが搭載している、活動していない時間を追跡してくれる「アイドルアラート」機能が、ぼくが以前からハマっている時間管理術「ポモドーロテクニック」をいい感じに支援してくれることに気づきました。

    

時間管理術「ポモドーロテクニック」を支援するiPhoneアプリ「Pomodoro Time Management」 – 拡張現実ライフ

    

「ポモドーロテクニック」とは?

ポモドーロテクニックとは、気が散りがちな仕事に集中するための時間管理術。25分ごとに時間を区切って仕事を行います。

  1. 25分を1ポモドーロとして、やるべきタスクを1ポモドーロ単位で分ける
  2. 25分間は他のことを一切やらず、タスクに集中する
  3. 25分たったら、5分休憩する
  4. 4ポモドーロ毎に30分程度の休憩を取る
  5. 上記を繰り返す

5分間の休憩をモチベーションにして、25分間集中して作業します。

    

「UP by Jawbone」の「アイドルアラート」機能とは?

UP by Jawbone」の「アイドルアラート」機能は、ユーザーが活動していない時間を追跡し、活動が少ない場合は静かな振動音(バイブレーター)を発してくれます。

    

たとえば、アイドルアラートの時間を30分に設定した場合、パソコン作業などで30分動かなかった時にバイブレーターが振動して教えてくれます。ちなみに時間は15分単位で設定可能です。

    

アイドルアラート機能がポモドーロテクニックを支援してくれる

    

ポモドーロテクニックが本来指定している「25分」とはちょっとずれますが、アイドルアラートで時間を30分に設定してからパソコンで作業すると、「UPがバイブで振動するまで頑張って作業しよう!」って感じで、作業に集中できます。

30分経ってアイドルアラートが作動したタイミングで、TwitterやFacebookなどをザッと眺めたりして休憩を取っています。

    

アキオはこう思った。


    

ポモドーロテクニックの目的は「作業に集中すること」だと思ってますが、Mac・iPhone向けのポモドーロタイマーアプリは「残り時間を確認できてしまう」ので、気が散ってしまうことがありました。しかしUP by Jawboneには画面がないので、残り時間を確認することができず、そのおかげで作業に集中することができました。「画面がないこと」がこんな形でメリットになるとは!

    

ひきつづき、UP by Jawboneを使い込んでいきたいと思います。

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑