草津温泉の湯畑に行ってきた 毎分4000リットルの温泉が湧き出る!

公開日: : 最終更新日:2014/01/04 スポット

    

先日、群馬県にある草津温泉に行ってきました。草津温泉街の中心に位置するのが「湯畑」。毎分4000リットルの温泉が湧き出ているそうです。

摂氏60度前後の温泉水を、湯畑の広場で冷ます

説明板によると、摂氏60度前後でわき出た高温の温泉水を、湯畑の広場を使って自然に温度を下げ、共同浴場や旅館の内湯として利用しているとのことです。

    

ここがおそらく温泉の湧き上がっている場所。もうもうと湯けむりが上がっています。カメラのレンズがすぐにくもってしまいました。

    

底に沈殿しているのが、硫黄分を含んだ「湯の花」

底に沈殿している薄黄緑色のものは、硫黄分を含んだ「湯の花」。「湯の花」とは、温泉成分が析出・沈殿したもののことです。

    

わき出た温泉は、木の樋を流れていきます。

    

ちなみに、この木の樋を通して採取される湯の花が、土産物の湯の花になるとのことです。

    

一気に流れ落ちる温泉水に濡れないように注意!

そしてここから温泉水が一気に流れ落ちてきます。水しぶき(いや、温泉水しぶき?)がすごいので、濡れないように注意しましょう。カメラなどを持っている方は特に!

    

アキオはこう思った。


    

子どもの頃に家族旅行で草津へ行ったことがあるのですが、この湯畑は強く印象に残っていたので、なんだか懐かしい気持ちになりました。「温泉が湧いていること」をしっかりと実感できるので、草津温泉へ行った際には、ぜひ立ち寄ってみて下さい!周りには温泉まんじゅう屋さんや、足湯などもありますよ。

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑