芯先が常に尖るシャーペン「クルトガ」!一定の細さ・濃さで書けるぞ!

公開日: : 最終更新日:2013/10/08 その他

    

こんにちは。アキオ(@akio0911)です。

知らぬ間に「芯先が常に尖る」という、すげーハイテクなシャーペンが出ていたので紹介したいと思います!

    

三菱鉛筆のハイテクシャーペン「クルトガ」!

こちらが、「芯先が常に尖る(とがる)」というハイテクなシャーペン、三菱鉛筆 シャープペン「クルトガ」

    

パッと見、なんの変哲もないシャーペンです。

    

従来のシャーペンは芯が磨耗し線が太ってしまう

従来のシャーペンで書き続けていると、芯が偏って磨耗し、線がだんだん太って文字がつぶれてしまいます。

    

「クルトガ」は線が太らないので細く書ける!

クルトガ」は線が太らないので、細かい文字でも書きやすいです。同じ太さのシャープ芯でも、従来のシャーペンより細く書けます。従来のシャーペンと比べて、線幅が50%も細くなります。

    

筆圧で芯を回転させる「クルトガエンジン」搭載!

その秘密は、「クルトガ」が搭載している「クルトガエンジン」にあります。芯を保持したギアが筆圧で上下しながら回り、それによって芯が一箇所だけ削れることを防ぎ、全周囲にわたってまんべんなく削れるので、結果、ペン先が尖り続けます。

    

クルトガエンジンによって回っている様子は、ここにある覗き窓で確認することができます。

    

筆圧で回る様子をスローモーション動画で撮ってみた

回っている様子をスローモーション動画で撮影してみました。書くたびに筆圧で中にある黄色い部品が回っていることが確認できると思います。

    

アキオはこう思った。




    

こんなハイテクなシャーペンが出てたんですねー!芯が尖り続けるので、常に細い字が書けるのが心地良いです。色のバリエーションもありますので、ぜひチェックしてみてください!

    

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

lolipop アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑