広島の尾道でiPhoneアプリ開発を学べる講座「アプリ道場 広島合宿」第2期の受講生を募集中!

公開日: : 最終更新日:2016/02/08 iPhoneアプリ開発講座

    

こんにちは。アキオ(@akio0911)です。

広島の「尾道自由大学」でiPhoneアプリ開発を学べる講座「アプリ道場 広島合宿 in 尾道」ですが、12月14日(土)2月22日(土)から始まる第2期の受講生を募集中です!

「尾道自由大学」とは?

「尾道自由大学」は、美味しい食べものと笑顔が溢れる、瀬戸内海の港町である広島の「尾道」にある学びの場です。「知識を得る」よりも「疑問を持つ」ことを大事にしています。

    

    

「アプリ道場 広島合宿 in 尾道」とは?

アプリクリエイター道場 広島合宿 in 尾道」は、広島の尾道にある宿「せとうち 湊のやど」を貸し切って行われる、iPhoneアプリ開発の初心者向け講座です。

「スライドによる説明」「自ら手を動かすことによる実習」「グループワーク」などを通じて、iPhoneアプリ開発の方法を学んでいきます。

カリキュラムは以下のとおりです(1コマ1時間半)。内容の詳細についてはこちらのページをご覧ください。

1コマ目 開発環境について学ぶ
2コマ目 何もしないアプリを作る
3コマ目 コードの書き方を学ぶ
4コマ目 画面部品の使い方を学ぶ 其の一
5コマ目 実機での動かし方・AppStoreへの申請方法を学ぶ
6コマ目 画面遷移の方法を学ぶ
7コマ目 アプリを作る際の考え方を学ぶ
8コマ目 画面部品の使い方を学ぶ 其の二
9コマ目 自分のアプリを仕上げる

    

尾道のグルメも堪能!

尾道といえば、尾道ラーメン!

アプリ道場 広島合宿 in 尾道」では、休憩時間に散策を兼ねて尾道グルメを楽しむことができます。前回の合宿では、尾道ラーメンや尾道焼き(お好み焼き)、そして地元で人気のパン屋さんなど、尾道の食をたっぷりと堪能できました。

【広島】iPhone開発講座「アプリ道場 尾道合宿」第1期レポート&第2期受付中! – 拡張現実ライフ

    

講座の対象者は?

「プログラミング経験はないが、iPhoneアプリ開発に興味がある」「iPhoneアプリ開発の入門書を買って読んではみたが、挫折してしまった」という方を対象としています。

また、何らかのプログラミング経験(Java, JavaScript, C, C++, C#, Ruby, Perlなど)がある方であれば、よりスムーズに受講して頂けるかと思います。

ほぼ同じ講義内容である「アプリクリエイター道場 東京塾」では、下は14才から、上は66才の方が受講されていますよ!

    

場所・日程・授業料は?

場所は広島県の尾道市にある「せとうち 湊のやど」。日程は、12月14日(土)の11時から、15日(日)の17時まで2月22日(土)の11時から、23日(日)の17時までとなります。授業料は62,350円(受講料+宿泊費含む)です。

    

宿の様子をまとめた動画を作ってみたので、こちらもチェックしてみてください。お風呂がヒノキだったり、備え付けのキッチンがあって近所のスーパーで食材を買ってくれば鍋なども楽しめるという、とても素敵な宿でした!

    

お申し込みはこちらから

「アプリ道場 広島合宿 in 尾道」は、こちらのページからお申し込みいただけます。皆さまのお越しをお待ちしています!

未経験者向けのiPhoneアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」

    

@akio0911はこう思った。

    

アプリ道場 広島合宿 in 尾道」では、ヒノキの風呂や備え付けのキッチンなどもある素敵な宿を貸し切って、2日間で集中してアプリ開発を学ぶことができます。

また、休憩時間には尾道を散策しつつ、尾道グルメも堪能できちゃいます。

iPhoneアプリ開発に興味のある方は、ぜひご参加ください!

    

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑