集合写真を撮る時、横に並んだり中腰にならなくても良いカメラ「RICOH THETA」

公開日: : 最終更新日:2014/01/08 カメラ


発売された直後は「買ったら半年後には使わなくなるガジェットだろうなー」なんて思って敬遠していた全天球カメラ「RICOH THETA」。

しかし「ミニスカサンタ祭り」というイベントでブロガーの@tamkaiさんがRICOH THETAを使って、ミニスカサンタからモテモテになっているのを見て、数日後にはAmazonさんでポチってしまいました(笑)

ミニスカサンタ祭りとかいうイベントにRICOH THETAを持参して参加。勘のいい方にはお分かりでしょう(笑) | タムカイズム

集合写真を撮るのって、なんだか大変

イベントとかパーティーとかで集合写真を撮ったりしますけど、アレってセッティングするのが大変ですよね。

まず、全員で横に並ばないといけない。少人数ならともかく、大人数だと横幅がカメラのフレームに収まりきらないこともあります。

そこで縦に2列とか3列とかになるわけですが、今度は前の人が中腰にならないといけなかったり、撮影してみたら後ろの人の顔が隠れてしまっていたり。

セッティングするのに手間取るので、撮影までに結構な時間がかかってしまいます。

    

RICOH THETAを使うと、集合写真を撮るのが楽チン!

そこで便利なのが全天球カメラ「RICOH THETA」。下の写真をクリックもしくはタップしてみてください。

[クリックで全天球画像ビュワーを起動]

こんな感じで360度を一度に撮れてしまうので、いちいち横に並ばなくてもOK!しかもアプリを使ってリモートでシャッターを切ることもできるので、撮影者も一緒に写ることができます。

普通のカメラだとこういうわけにはいきませんよね。集合写真を撮影した人は写ることができませんからねー。もしくは通りかかった人などに撮影をお願いしたりしないといけない。

    

大人数の集合写真でもOK!

こんな大人数の乾杯でも1回の撮影で済んじゃいます。RICOH THETAは全天球カメラなので、横に360度なだけでなく、縦にも360度。よって、少し上にかざして撮れば、こんな感じで広くフレーミングできちゃうんですね。

[クリックで全天球画像ビュワーを起動]

これだけの広い範囲を1シャッターで撮影できるので、その場の雰囲気の「瞬間」を切り取ることができます。

    

@akio0911はこう思った。

そんなわけで、最近はRICOH THETAで集合写真や乾杯写真を撮るのにハマってます。

アプリを使うとその場でFacebookやTwitterへアップロードできるので、コミュニケーションのキッカケにもなっちゃいますよ。「それ、何ですか?」って絶対聞かれますし(笑)

ちょっと値が張るカメラではありますが、その場の雰囲気を他人に伝えるには超便利なカメラであります!ブロガーはみんな買えば良いと思う!

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑