ARアプリ「Layar」は日本で飛躍するか

公開日: : 最終更新日:2013/11/05 AR(拡張現実)

「ITmediaプロモバ」に、世界的ARアプリ「Layar」の今後の展開についての記事が掲載されています。

 日本ではシステム・ケイがオフィシャルパートナーを務め、アプリの日本語化や商用利用の窓口を請け負っている。「もっと上手くLayarをプロモーションしていきたい」と語るのは、システム・ケイでLayar事業の営業を担当する田口槙吾氏。セカイカメラが脚光を浴びる中、日本でいまひとつLayarの知名度が上がらないことを同氏はもどかしく思っている。一方、同社が地道に増やしてきた日本発のコンテンツは33ジャンルにのぼり、サービスのローカライズは着々と進んでいる。またLayarは今後、ソーシャルやゲームの要素を強化する方針で、コンテンツプロバイダーにとって興味深い動きを見せている。

年内に有料コンテンツも――世界的ARアプリ「Layar」は日本で飛躍するか – ITmedia プロフェッショナル モバイル

海外がどういう状況なのかは知らないですけど、少なくとも日本においては、ARといえばセカイカメラ、セカイカメラといえばAR、って感じですよね。そもそも日本でレイヤーといえばPhotoshopの機能の名称か、あるいはコスプレイヤーの略称のほうが先に思い浮かぶような気もします。

また、これまで実用的なコンテンツが主だったLayarだが、近々ゲームやソーシャルを強化する計画があり、ビジネスの幅が広がりそうだ。ゲームに関しては、すでに現状のLayar向けに迷路のコンテンツなどが登場しているが、今後は開発者がARゲームを作るのに役立つさまざまな機能がアプリに実装され、より手の凝ったARゲームが開発できるようになるとスコット氏は明かす。もちろん、課金の仕組みが整えばこれらのコンテンツを有料で販売できる。

 また、アバターを使ったサービスで、これまで手薄だったソーシャル性も強化されるようだ。システム・ケイではみんなのLayarとLayarで記念撮影という2つのユーザー参加型コンテンツを用意していたが、コンテンツの登録はWebサイト経由で、アプリ内でコンテンツを気軽に投稿できなかった。一方、新たに搭載されるアバター機能は、Layar B.V.がアプリそのものに組み込むソーシャルサービス。ユーザーが投稿したコメントがアバターの姿でAR空間に投稿されるという。

年内に有料コンテンツも――世界的ARアプリ「Layar」は日本で飛躍するか – ITmedia プロフェッショナル モバイル

セカイカメラ同様、ARソーシャルゲームプラットフォームのポジションを狙っているんですね。

AR-拡張現実 (マイコミ新書)

AR-拡張現実 (マイコミ新書)

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

lolipop アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑