草津熱帯圏にいってきた カピバラさんやナマケモノもいるぞ!

公開日: : 最終更新日:2014/01/04 スポット

    

先日、群馬の草津温泉に行ってきました。宿に着いたあと、近くにある「草津熱帯圏」という施設を見に行きました。

「草津熱帯圏」とは?

草津熱帯圏は、草津温泉の湯畑から歩いて10分くらいのところにある熱帯園です。高さ15メートルのドーム内には、多種多様な動植物が生息しています。

開演時間は8:30から17:30まで。年中無休。入園料は大人1,000円、高校生700円、子供600円です。

    

角質を食べてくれる「ドクターフィッシュ」

まずは角質を食べてくれる「ドクターフィッシュ」による「フィッシュセラピー」を体験。手や足を水槽に入れると、小さな魚が寄ってきて角質をついばみ始めます。足がツルツルになるらしいですよ。

    

ニホンザル放飼場「モンキーパラダイス」

ニホンザル放飼場「モンキーパラダイス」にはたくさんのニホンザルがいて、毛づくろいなどをしていました。

    

動植物の楽園「熱帯大ドーム」

そしていよいよ、メインの施設である「熱帯大ドーム」へ。

    

ドームの中はけっこう広くて、木々が鬱蒼と生い茂っていました。

    

カピバラさんや、ナマケモノもいるぞ!

檻の中で木にぶら下がるナマケモノ。

    

ヤギのように見えるけど、じつはシカの仲間な「ダマジカ」。

    

ビルマニシキヘビのアルビノ個体である「ゴールデンパイソン」。

(ちなみに「アルビノ」とは、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により、先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患のこと。「先天性白皮症」「先天性色素欠乏症」などとも呼ばれます。)

    

カピバラさん!けっこうデカイ。野菜をもりもり食ってました。

    

アキオはこう思った。


    

入口の古臭い看板を見たときは、正直「なんかしょぼそうだな・・・」と思っていたのですが、メインの施設である熱帯ドームに入った時に、そのイメージが吹き飛びました。入り組んでいる順路に沿ってドーム内を見てまわるんですが、この順路がとてもよく工夫してあって、「あれ?このドーム、こんなに広かったっけ?」と思ったほど。ナマケモノやカピバラなど、誰でも知っているような人気の動物もいるので、かなり楽しめました。草津へ行った際は、ぜひ足を運んでみてください!

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」に参加するため

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑